良くある質問

質問:
日本人の個人名義なら、中国で外資系企業を設立することがてきますか?
回答:

会社名義の投資と同じ申請手続きで、申請すれば良いです。

質問:
地方の支社設立は可能ですか?
回答:

地方の事務所設立は可能です。事務所を新たに開設する時は、現地と地方の行政手続きを行わなければなりません。

質問:
中国行政当局に日本語の書類提出できますか。
回答:

関連書類が外国語で書れていたら、正式的に登録されている翻訳会社の中国語訳本を提出する必要があります。
謄本等の書類は公的機関の発行、外務省及び中国の駐現地領事館の認証が必要としています。

質問:

会計士事務所のような士業は中国で代表処を設立申請することができますか。

回答:

原則的に設立申請することができます。
しかし、中国国内での資格がないので、執務ができません。
通常の方法では会計コンサルティングのような会社を設立し、中国法律が許容する範囲で業務を行うことは可能です。

質問:
外資企業または代表処を申請する時、職場は必ず指定な渉外オフィスビルですか?
回答:

一般論として、渉外オフィスビルに設立しなければなりません。

質問:
中国側の自然人と合資会社を設立することを許しますか?
回答:

国内の自然人と外国の投資者は、一緒に中外合資企業を設立することができません。
解決方法としては、中国側の自然人が中国で法人を設立し、中外合資企業を作ることです。

質問:
営業許可証の社名の所に、英文の記入ができますか。
回答:

営業許可証など行政が発行した書類には、一般的に英文の社名は登録を行いません。
また、保護しません。
しかし、定款と公印の上に英文名は可能です。

質問:
外国投資企業の社名の構成を教えて下さい。
回答:

四つの部分より構成されています。

1.地域、たとえば上海
2.商号、たとえば、田中
3.企業の取り扱い、たとえば、国際貿易
4.企業の性質、一般的に外資企業なら、有限公司の方が多いです。

質問:
外資企業は中国で広告会社の設立ができますか。
回答:

解禁されました。
ただし、謄本の中で広告の記入があり、営業の時間などの実績も必要とされます。

質問:

外資会社の設立代行には弁護士事務所とコンサルティング会社の区別は。

回答:

コンサルティング会社は有限責任を負いと、弁護士事務所は無限責任を負うことになっています。

質問:

中国でレストランを経営したい料理屋です。将来、上海でいくつかの店を作る予定です。
店ごとに会社設立する必要がありますか。

回答:

いいえ、一つの料理管理有限公司を作れば良いです。
営業場所の分散も可能です。

質問:
外国独資企業の取締役会の成員は最低3人としていますが、当社では3人の現地派遣はできません。どうしたら。
回答:

現地派遣する必要がないです。

質問:
社団法人ですけど、代表処を設立するかどうか、どのような具体的な要求と法規を提供して参考できますか?
回答:

社団法人の場合、通常の手続き以外は管理する部門の審査が必要です。
基本的に社団法人を管理する部門は民政局となっています。

質問:
外資企業なら、資本金がいくらから必要ですか。
回答:

2014年3月1日に最低資本金基準が撤廃され、実質1元からの会社設立が可能ですが、実務においては外商投資企業に対して商務審査許可部門より経営規模に見合った登録資本金を求められるので注意が必要です。
会社を運営するには最低限1年分の経費相当を資本金として設立されるのが理想的です。

質問:
独資企業所得税の税率はいくらですか?
回答:
法人税は25%です。地方政府によって、一部還元することがあります。

お問い合わせはこちら

▲ページの先頭へ戻る